なぜ大学を辞める人が多いのか?大学に入るべきなのでしょうか?

はてなブックマーク - なぜ大学を辞める人が多いのか?大学に入るべきなのでしょうか?
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

どうも!大学は近場で選ぶのは違うと思うメルラーです。

 

それにしても日本の大学生は普通に社会人としてレベルが高いですよね。

 

小中高を通して見ても大学に進学しても大学をやめる人は多いです。

 

特に大学に入って1年目で辞める人の割合は高く、その原因は留年のようです。

 

やはり、勢いで大学に入っている人や遊びすぎて目的を持てない学生もいるのでしょう。

 

ほとんどの人が何気なく大学に入っていると思います。

 

何気なくと言っても将来のために大学に入っていると思いますが…

 

大学だけが全てではない。

スポンサーリンク

大学は本の通過点でしかないと言う人は大学でイキイキと輝いているのでしょうか。

 

でも、大学に入らないと初任給は高くないです。

 

 

私たちは何のために大学に入るのでしょうか?

社会一般的なのかどうかわかりませんがどこかレールが決まっているようにも感じます。

大学は入りたい人だけが入るもので、入りたくない人は入らないと言う事だと思います。

 

自分的にもよくわからなくなってきましたが、実際大学に行こうが行かまいが大学に入ろうか迷っている人が決める事です。

 

それでも、世の中大学を卒業した人が初任給の違いなど優遇を受けるべきなのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

雑記ブログで色々なことを書いていきます! これから色々なことに挑戦していきたいチャレンジャーなブロガーでもあります。 面白いこと、楽しいこと、思ったことなどを記していきます!