【イケダハヤトさんも実践している!】ブログ 1記事15分で作成を心がける方が効率良い件

はてなブックマーク - 【イケダハヤトさんも実践している!】ブログ 1記事15分で作成を心がける方が効率良い件
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

どうも!最近作成する記事を15分に制限しているメルラーです。

 

何でもかんでも15分で作成できる記事はないですが、基本的に記事は15分で作成するようにしています。

 

なぜなら、6時間かけて記事を書いてアクセス数が低ければ効率悪いですし、書きたい事も長い時間書いていれば多くなっていきます。

 

また、どのように書くかをある程度決めて15分で記事を書くと目標を定めると意外にも記事ってそれなりに完成します。

100%の記事はあるかもしれませんが、いつでも記事は直す事もできますので例え80%の完成度の記事があったとしても後からリライトする事で100%の完成度に近づけることができます。

 

『100%の記事はあるかもしれませんが』という表現で気になったあなた!

100%の記事っているのはジャンルにもよるかもしれませんが、ブログの記事は時間が経てば経つ程情報が古くなり、100%じゃなくなるんですよ!

 

なのでその記事を作った時は100%かもしれませんが、のちのちリライトしないと100%ではなくなるのでとにかく80%の記事クオリティでも更新する事と伝える事を意識してください!

 

 

時間という制約を持たせる事で記事がパワーアップ!?

15分というのは人それぞれ短く感じたり、長く感じたりするでしょう。

 

イケダハヤトさんも記事を書く際は15分で完成するようしているようです。

 

この15分という時間を設けているイケダハヤトさんの意図はわかりませんが、メルラーはこう考えます。

 

メルラー自身、子供の頃某通信教材で勉強していました。

その某通信教材で詳しく15分についての事が説明されていたとうる覚えですがありました。

 

その教材では15分勉強したら休憩してまた15分勉強するのを繰り返すというやり方でした。

 

結局、その理由はわかりませんがそのくらい15分というのは集中しやすいんだと思います。

 

とにかく15分という制約がある時間の中で記事を完成させる、集中力を高める、これこそが記事作成におけるマンネリを解消できるのだと思います。

 

イケダハヤトさんも著者の『武器としての書く技術で』でもこのような事をおっしゃられている事なのですが、サラッとスキマ時間に書ける感覚で記事を書く事が望ましいんですよね。

スポンサーリンク

 

ガッツリ6時間もかけて1記事を作るのでは精神的にも収益がないブロガー初心者の方は特に厳しいと思います。

 

ただ質は低くする事は考えない方が良いでしょう。

 

それでは記事を書いてもだんだんと何のために書いているのかわからなくなりますから。

 

なので常にその記事を伝える相手を考えて記事を書く事が望ましいです。

 

最後にまとめると、15分で集中して伝わる記事を意識し、伝える相手を考えて記事を書く。

 

なんて効率的なんだ!!!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

雑記ブログで色々なことを書いていきます! これから色々なことに挑戦していきたいチャレンジャーなブロガーでもあります。 面白いこと、楽しいこと、思ったことなどを記していきます!