ライターとしても活動始動 自分らしいブログ運営へ PR案件も募集

1000本ノックの考えってやり方さえあっていれば重要視しないと!

はてなブックマーク - 1000本ノックの考えってやり方さえあっていれば重要視しないと!
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

どうも!1000本ノックはやった事はありませんが、根性に任せて忍耐を極めたことがあるメルラーです。

 

1000本ノックが流行っていた時代もありましたよね。

 

でも、1000本ノックって今の時代意味がないとされていますね。(野球的な意味ではなく)

ただ数をこなせば良いって問題じゃないっていう風になってから、根本的に理解していないと1000本ノック的なことをやっても意味がないという風になり、今では1000本ノック的なことをやらないようになってきました。

 

短期大学のように、資格を取るにも修行をするにも早くスキルが身につくようにノウハウがなっています。

 

でも、基本的には1000本ノック的な考えは合っていると思っています。

孫正義さんも1000本ノック的なことを推進しています。

 

確かに時間をかけすぎるのは勿体無いことですが、その過程には『慣れ』という1000本ノック的なことをやってこなかった人にしかわからない、スキルというものがあります。

 

カッコ良く言い換えれば『百戦錬磨』です。

 

経験を多く積んだ方が人生豊かであり、成功もしやすい。

 

それにはやる気勇気が必要です。

 

イチロー選手がたった1ヶ月野球をしただけであれほどの選手になったと思いますか?

『才能があったからだ』『あの人の考え方と自分は違う』などそういう風に思っているのではイチロー選手のように大業を達成することができません。

 

才能や考え方は人それぞれです。

しかし、才能がなくたって、考え方が違っていても偉業や大業を達成できれば別にその達成されるまでの過程は関係ありません。

 

もちろん、ルールやモラルに基づいたやり方が必要不可欠ではありますが経験を積むということはやはり大切です。

 

1000本ノックの考え方は力みすぎないことも必要です。

 

ただ、やはりそれなりに大業や偉業をこなすことや何かのために達成する物事においては自然と1000本ノックの考え方と同じことをしているでしょう。

 

法則的に言えば大切だということがわかってくるでしょう。

コメントを残す