ライターとしても活動始動 自分らしいブログ運営へ PR案件も募集

グーグルアドセンスで1万円以上の収益を上げた広告の貼り方とブログの書き方

はてなブックマーク - グーグルアドセンスで1万円以上の収益を上げた広告の貼り方とブログの書き方
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

どうも!最近グーグルアドセンスの収益が振り込まれたメルラーです。

 

グーグルアドセンスで8000円の収益を上げ、振込みまでに至るには短いようで長かったような感じがします。

このブログではグーグルアドセンスに受かるまでということで記事を書いています↓

まあ、審査の受かり方には色々あるようですね。

 

グーグルのアルゴリズムは非公開な部分が多いとされているためその分もまだ未解明な部分も多いでしょう。

やるだけやって願って受かるというのが理想ですよね。

受からなければ受かるまでやるって感じですが…

そこで今回は続編としてグーグルアドセンスに受かったその後として収益化の話をしていきます。

 

 

アドセンス審査おめでとう!でも浮かれるな!

TRTM1857_TP_V.jpg

アドセンスの審査に受かったあなた、おめでとうございます!

しかし、アドセンスで収益化できていないのであれば審査に受かっても受けていないのと同じです。

 

アドセンスに受かるための目的は何でしょうか?

もちろん、収益化ですよね。

そうでなければグーグルアドセンスの審査を受ける必要がないでしょう。

そして「グーグルアドセンスの収益が伸びない」などと悩んでいないでしょう。

 

具体的に僕のブロガー生活の経験を踏まえてグーグルアドセンスの収益化について対処法などをご紹介します!

 

 

アドセンス収益化のブログを書く

macbookFTHG1236_TP_V.jpg

日記にならないように

できれば日記にならない方が良いですね。

まあ、ファンがつけば日記でも良いかもしれませんがやはりブログとしては具体性が欲しいですよね。

商品のレビューとか細かな考えとか、例えとか…

もっと言うと本を出すと思ってブログを書くとより一層すごいブログになるかもしれません。

 

得意なジャンルで

「これがアクセス上がりそう」とか「みんなやっているからこのジャンルにしよう!」といってブログをやっているので長続きしないと思います。

また、ブログ運営にも身が入らないでしょう。

できれば、需要があるジャンルが良いのですがそれでも『好きこそものの上手なれ』に習い、自分が好むジャンルが良いです。

 

読みやすく

せっかく良い考えがあるのに文章が読みにくかったら相手に伝わるものも伝わらなくなります。

これでは本末転倒。

文章力を鍛えるためには文章について勉強とブログを書いていくしかないと思います。

語彙力がなくてもそっちの方がブログとしては読みやすいですし、文章がわかりやすければ読みやすいですよね。


「うまく」「はやく」書ける文章術

さらに改行などのデザイン性も工夫が必要です。

まあ、人によってはズラズラと文章があった方が良いと思う方もいるかもしれませんがブログとなれば読者に「面倒くさがらせる」というのは良くありません。

ブログというのはそういうものです。

なので改行などデザイン性にも磨きをかけましょう。

 

真面目に書くな!だけど真面目に書け!

ただ、要点だけをまとめたり、事細かに説明を入れたりするだけではダメでもっと刺激を与えるというかということです。

別の言い方としては、もっと1次元の文章に3次元性を持たせるって感じですかね。

 

文章書いたからこれで良い、日記じゃなくて、ちゃんと説明とか細かく書いたってだけではダメだということなんですよね。

ちょっと文章にするのには限界が現時点ではありそうなのでここまでにしますが…

 

 

広告を目立たせなければ収益などない

GREEN_KI20140125_TP_V.jpg

グーグルアドセンスなんですから広告についても考えなければいけませんよね。

基本的にグーグルが推奨する通りで広告の設定などは良いでしょう。

広告の配置についてはトップ、サイドバー、記事中は必須ですよね。

 

特に記事中に入れないとなかなか目につかないってこともあったり、興味を示さないこともあります。

基本的にグーグルアドセンスはそのブログの記事に関連することや読者のグーグルからの履歴などから読者が好むであろうなどという広告が掲載されます。

なので記事中に広告が入っていた方が良いですよね?

なんたってブログの記事を見ている最中に広告が入るのですから。

 

しかし、掲載する広告が見にくくてはいけません。

ページにあった広告サイズや見易さを考えて広告を掲載しましょう。

そうでないと見ても気持ち良くありませんよね。

気持ち良くないということはその時点で読者は離れますよ。

ただ、広告は目立たせないと見てくれません。

なのでなるべく広告は目立つような工夫が必要ですよ!

 

 

 最後に

今回はこんな感じで大きな括りとして2点、ブログの書き方と広告についてご紹介しました。

これの他にももっと考えてブログを運営していかなければいけないこともあります。

ただ、大きくくくって書いたということは重要とところに絞ったということですから、ここをやっておかないと厳しいところはあると経験上見ています。

 

検索に引っかかるかというところもありますが、実際に書いてみないことには自己的な運営方法が見つからないと思います。

しかし、文章が良くても広告がダメ、あるいは広告は良いんだけど文章がダメではグーグルアドセンスで収益化することとしては厳しいですよね。

検索結果の課題もあると思いますがグーグルのアルゴニズムも不明な点が多いのでブロガーとしての基礎は今回の記事のように出来ないよりは完成度をあげていた方が良いと思います。

3 COMMENTS

コメントを残す