ライターとしても活動始動 自分らしいブログ運営へ PR案件も募集

ブログで結果が出なくて毎日更新にもイライラし、1日に36記事投稿したけど成果を考えるのが大事

はてなブックマーク - ブログで結果が出なくて毎日更新にもイライラし、1日に36記事投稿したけど成果を考えるのが大事
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

どうも!結果が出ないことに苛立ちを募らせるメルラーです。

 

僕の場合は小さい頃から結果主義で今も結果を求めています。

なぜならほとんどは結果でしか評価できないからです。

 

そんな僕がまたとあるか、1日に36記事投稿するくらいイライラし、我慢ができなくなりました。

こんなにも結果が出ないものかと思いその結果です。

まあ前にもこんなことをやりましたが今度は記事の量が違うわけです。

 

 

1日36記事投稿のワケ

もちろん、ストックの記事を投稿したわけでストックはゼロ。

最近わかったのが毎日ブログを更新しても大してすぐみられるわけではないということ。

 

ということはストックを作るのであればスグにできた記事を投稿した方がよほど良いということに気づきました。

 

すぐに結果を出すのであれば書いた記事をその日にでも投稿しなければダメだということです。

 

 

毎日投稿でなくてもある程度投稿してれば焦ることはない

ブログは毎日投稿しなければ続かないと思い僕も毎日投稿をしてきました。

 

ただ、問題点があります。

毎日投稿すれば評価されるということです。

確かに1ヶ月に1回しか公開しないブログと毎日投稿するブログは毎日投稿した方が良いでしょう。

 

しかし、毎日投稿するのと1週間に2、3回の更新でも良い結果が出るのであればどちらが良いでしょう。

それはブロガーとしての姿勢としては毎日投稿した方が良さそうですね。

ただ、良い結果が出るということは読者にとってもブログを投稿した投稿者としてもメリットがあるということです。

毎日投稿することに紛らわされないように。

 

 

1日36記事投稿後のPV数の変化は?

1日に36記事投稿してからは反応があるまで少し時間がかかりました。

まあ、36記事投稿するまでは1週間に1記事投稿しようとしてましたから…

スクリーンショット 2019-04-12 20.21.51.jpg

一応こちらがデータでして4月9日に36記事投稿してジワジワと最近なかったアクセスアップが目に見てわかります。

僕も1ヶ月に100記事近く記事を投稿したこともあります。

流石にその成果もあってかブログのアクセス数は上昇していきました。(しかし、今では急降下)

 

 

1日36記事投稿した記事数は多い方が強い?

1ヶ月に100記事更新した時はその後アクセスが増えて成果も上がったので結果オーライだったでしょう。

確かに記事数はあった方が強いです。

今回のデータからも強いとわかるはずです。

 

しかし、問題もあります。

それは多くの記事を書かなければアクセスがアップしないということです。

まあ、圧倒的な記事量であれば勝てるのかもしれませんがそれも結局はある程度新しい記事の量を保たなければいけないと思います。

なので、ぼちぼちリライトすることも必要だと思います。

でも、記事をドンドンアップできればアップしたに越したことはないです。

 

 

投稿しすぎると逆にうざい? そんなに焦って投稿しなくても良い

なんだかブログも投稿しすぎると読む方としては疲れてくる人もいるようです。

さらに大したことがない記事を1日に投稿しても逆に負を積み重ねるようです。

 

なのでそんなに焦って投稿しなくても良いという場合もあります。

 

よく量より質とか質より量とか言われていますが自分がやりやすい方と結果が出る方を考えてスタイルを確立した方が良いと改めて思いました。

 

やはり無理をすると色々現れてくるようです…

2回目のグーグルアドセンス振り込みうれしい 気長に収益増えるのが稼げるポイント 他のブログからの収益もご紹介

 

最後に

一気に36記事1日で投稿するのも気分がスッキリしますね。

ただ、スッキリする反面『無』の感情がどこかにある気がします。

これはやった人でないとわからない表現だと思いますのでやりたい方は是非。

コメントを残す