ライターとしても活動始動 自分らしいブログ運営へ PR案件も募集

身長を伸ばしたい人がヒト成長ホルモンを投与を安易にできれば良いのか? マイケル・サンデル著書を読み

はてなブックマーク - 身長を伸ばしたい人がヒト成長ホルモンを投与を安易にできれば良いのか? マイケル・サンデル著書を読み
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

どうも!身長をもっと大きくしたかったメルラーです。

 

身長って大人になってからとか中学生、高校生になってから伸ばしたいと思うようになると思います。

小さい頃は別に身長が大きかろうかどうであろうか楽しめれば良いって感じです。

しかし、思春期からやはり身長が大きい方がカッコイイとかスポーツに有利とか色々ありますよね?

 

でも身長が絶対伸びるという保証がないのが事実なんです。

ということでマイケル・サンデルさんの著書↓を読んで身長に関して伸ばしたい自分自身が書いてみました!

 

 

身長が伸びる時期にお金をかけられない

身長が伸びる時期というのはまだまだ子供です。

セノビックや身長を伸ばしたい人が摂取するサプリを日常的に利用するというのはかなりのお金がかかります。

 

もちろん、子供では払えませんし、そういうサプリというのは毎月お金がかかります。

結局身長が伸びる時期に身長にお金をかける必要があるのか?ということになると思います。

スポーツをしていれば別かもしれませんが、身長が高くないといけないというのではなんともお金の方がもったいない気がします…

 

 

もっと安易にヒト成長ホルモンを利用できれば…

本当はヒト成長ホルモンというのはホルモン欠乏症の方に認可できるのです。

しかし、このホルモンはホルモン欠乏症の方のみに利用できるのではなく、そういう病気の方以外にも利用すれば身長が大きくなるのです。

しかし、投与するのは年間で2万ドル(200万くらいですか…)かかると言われています。

 

そしてもしこの費用が安くなったとしても利用するか戸惑います…

そこまでして身長が伸びていないのに身長を伸ばす方としては…

だからもっと手軽にセノビックみたいに簡単にできれば良いなとは思いますね。

 

 

日本は偏食や栄養不足があるため補助食品が普及?

戦時中の頃に比べれば食生活は変わったと思います。

しかし好き嫌いや朝食を食べる時間がない、太りたくないなどの理由で以外にも身長を伸ばすための栄養が足りないということも考えられます。

だから日本ではどうしても補助食品が普及している感じもします。

 

 

身長伸ばすホルモン投与はアリ?

身長が大きい方が良いか悪いかなんて自分が決めたいところです。

遺伝もほぼ関係しないということもありますし…

ただ身長を伸ばしたところでどうなるというのは大きいと思いますね…

1 COMMENT

コメントを残す