ライターとしても活動始動 自分らしいブログ運営へ PR案件も募集

小さい頃から金を稼げ! フリーランスや個人事業種、起業するなら尚更

はてなブックマーク - 小さい頃から金を稼げ! フリーランスや個人事業種、起業するなら尚更
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

どうも!小さい頃からもっとビジネスに関心を持つものだと思っていたメルラーです。

 

最近ではyoutuberで小学生でもかなり稼いでいる人もいますし、自分が将来どうしたいか若いうちから決めて収入を得ている人が多くなっています。

 

僕も今考えるともっと将来のことも考えてもっとビジネスのことを学ぶべきだと思いました。

ビジネスというとなんか難しいとか、まだ子供には危険とか思うかもしれませんが、結局自立するにはビジネスの経験が物を言いますよね。

 

別に大半の人のようにサラリーマンになるのであれば大学を卒業してからでも遅くないのかもしれませんが…

 

 

大人になるに連れて時間がないし、稼ぐために何かやろうとしては遅い

学生のうちはよく遊べと言いますが、実際学生の時より大人になった方がもっと遊びたくなったり楽をしたくなるものです。

 

そのためには働かなくてはいけないというのが日本人の考え?なのかもしれませんが、結局行き着く先はもう仕事をしたくないのと過度の疲労になります。

 

人間にも限度がありやはり根を詰め過ぎるのは厳しい気がします。

 

いざ社会という大きな世界に送り出された社会人はただ働くという感じにどうしてもパーセンテージ的にもなると思います。

 

しかし、社会に送り出されてから稼ぐために何か始めようというのはもう生活もありますし、行き詰まっていますね…

 

 

人生100年時代と考えるなら、ビジネス概念は必要

もし、どこかの会社に就職するのであればあまり必要じゃないかもしれません。

なぜなら働きながら生活し、勉強できるからです。

 

しかし、自営業とかフリーランスの人は自分で何もかもしなければいけません。

今はもっと優しいサポートがあるかもしれませんが、明日売り上げを高くするのも休むのも自分が決めなければいけなくなるのです。

 

そしたら社会に送り出されてからでは難しいです。

人生100年時代と考えるなら絶対にビジネスについては知っておくべきで、お金を稼ぐ方が学問より学んだり実践する事が多いのですから…

 

 

まとめ

小さい頃からあまりビジネスの話をするのは教育上良くないと思うかもしれませんが、逆に今後自立して暮らしていくのであれば大切な勉強です。

 

お金の仕組みの勉強も必要ですが、今後ずっと同じ会社一筋で大丈夫という時代ではありません。

その時々で自分がどのように生計を立てるのか考える事が必要になります。

 

僕の経験上子供の頃に勉強や部活以外自分がやりたい事、今後どうなるのか悩んでいた時期がもったいない気がしました。

いつも悩んでその生活の繰り返し…

今となるとまあ崖っぷちな状況ですが、ここから盛り返していく状況だと思っています。

 

日頃暮らしていて何か違和感を感じたらドンドン挑戦や勉強が必要になりますよ。

コメントを残す