ライターとしても活動始動 自分らしいブログ運営へ PR案件も募集

悩みすぎるなら悩みながら物事を進める方が解決する?

はてなブックマーク - 悩みすぎるなら悩みながら物事を進める方が解決する?
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

どうも!悩みすぎるメルラーです。

 

僕は結構考えすぎだと言われることもあり、たまに自分は何者かとか考えたりすることもあります。

しかし、大抵の悩みというのは悩まなくても良いんですよね。

悩んでも解決しないこと、悩まなくても問題なく物事が解決する事が多いのです。

 

 

人によって悩みの度合いが違う

十人十色なので悩むことは人それぞれ違うでしょう。

まあ何を基準として悩まなければいけないのかというのは今の自分の状況を考えることですよね。

 

だから悩むかもしれませんが、悩んだ結果別に問題なければそれは悩まなくても良いことがほとんどなので経験がある程度必要です。

 

 

悩みながら物事をこなす

人は悩みを抱えますが、抱え込んだままより行動した方が結果解決する事が多いです。

悩んでも解決しないならまず体を動かしたり、仕事したり、何かする事が必要です。

 

普通に学校で勉強していてもわからないものをいくら考えてもわからないものはわからないのです。

先生に聞くか、そのまま放置するしかありません。

悩みをそのままにして問題が起きなければそのままでも良い事があります。

 

 

楽天流 三木谷さんが言っているスピードの話

あの楽天の創業者三木谷さんの著書楽天流には、「スピード」についての話が書かれています。

もちろん、三木谷さんは分刻み事に会社を動き回る人物でものすごい時間対効果を考えています。

 

時間が限られているため無駄なことをせず、常にスピードを意識した事が必要と考えておられます。

 

しかも、三木谷さんは考えながら動くタイプです。

それが楽天流のビジネス真骨頂で大手企業になったのです。

楽天流 三木谷浩史を読んでみて 【常に先を見て変革を率先し、スピードを重視する流儀】

 

まとめ

確かについつい悩み込んでしまう事もありますが別に悩まなくて良い事まで考えることもあり、時間の無駄です。

不安があればあるほど悩んでしまいますが、悩み事に時間と制限が急でない場合は行動する事が一番の悩み解決方法の近道と捉えています。

 

悩んだらランニングしたり、趣味に没頭したり、ゲームしたり自分なりに行動してみましょう。

 

コメントを残す