ライターとしても活動始動 自分らしいブログ運営へ PR案件も募集

ウーバーイーツ配達中に事故って配達が怖くなった話(被害者)と配達中の注意点

はてなブックマーク - ウーバーイーツ配達中に事故って配達が怖くなった話(被害者)と配達中の注意点
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

どうも!注意しながらウーバーイーツ配達しているメルラーです。

 

ウーバーイーツでの配達のことでした。

ちょうど1つの配達が終わった午前中、その帰りに表道から外れた裏道の十字路で車と接触しました。

 

こちらに非はないのですが相手の不注意でブレーキかけた形跡もなく(加速されて)接触しました。(感覚的に)

 

もちろん、衝撃は強く跳ね飛ばされそうでしたが堪えてとどまった感じです。

加速されて(感覚的に)ぶつかったのですからものすごく怖いです。

 

自分はウーバーイーツ配達中は気をつけていたつもりですが防げない事故もあります。

まあ軽度のケガですが…

 

これでウーバーイーツをやめたいのかという微妙なところですがまあ気持ちの整理をつけたいですね。

 

自分もあまり行ったこともない場所ですから慣れていないのもありますがそれでも常に注意はする必要があります。

 

スマホをいじっていたわけではありませんし、配達が終わったあとです。

これからまた配達をしようと思っていましたがもうやる気にもなりませんでした。

 

 

ウーバーイーツ配達中の事故に遭わないための注意点

僕がウーバーイーツで配達していて思う注意点は

・スマホをいじる時は必ず安全なところで止まって

・知らない道も多く走るからこそさらに緊張感と注意力を高めて走行する

 

となりますがまあ自転車やバイクに乗りながら歩きスマホでももちろん、危ないです。

ながらスマホは自分から事故のリスクを高めます。

もし事故に遭った時は自分にも非を作ってしまいます。

 

知らない道もウーバーイーツであれば普通に通ります。

だからこそいつも通っている道ももちろんですがそれ以上慣れていないので緊張感と注意力を高めて走行することが事故に巻き込まれないためのポイントです。

 

特に止まらなくても良いのですが危なそうな道であれば徐行したり、一時停止するのは重要です。

 

配達に夢中になるのも分かりますが、やはり安全は重要です。

安全がなければ配達もできません。

配達を目的にするより安全を目的として配達する方が事故に巻き込まれません。

1 COMMENT

コメントを残す