僕がダウンロードデータ型の音楽を買うのではなく、CDを選ぶ理由

はてなブックマーク - 僕がダウンロードデータ型の音楽を買うのではなく、CDを選ぶ理由
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

どうも!最近CDを買っていないでYouTubeで音楽を聞いているメルラーです。

スポンサーリンク

 

ダウンロード式はデータはなくなれば終わり、聞けなくなります。

 

CDはものとしてあるため、無くしたり壊れない限り聞ける、もちろん、データとしても残しておける。

もしかしたら買取してもらう事でCDがお金になるかもしれない

 

 

プレミアム化するCD

僕は物販とかもやっているので知識がある感じですが、CDでもプレミアム化するものがあるんですよね。

 

なのでCDといえどもただ捨てたりするのはもったいないのです。

スポンサーリンク

 

 

デメリット:CDは置く場所に困る

CDはシングルであればCD本体の厚さはケースを合わせても薄いかもしれませんが、CDの枚数が多ければ置く場所にも余裕がなくなりやすいです。

その点、ダウンロード版の音楽であればハードディスクに多くの音楽を保存する事ができますので、置く場所には早々困りません。

 

 

それでもCDを選ぶ理由

欲しいと思った曲はCDで買った方が愛着が湧くんです。

物としてある事がCDを買うまでに至る理由が重要とされるからです。

それにCDであればデータが転送できないCDプレイヤーでも再生する事ができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

雑記ブログで色々なことを書いていきます! これから色々なことに挑戦していきたいチャレンジャーなブロガーでもあります。 面白いこと、楽しいこと、思ったことなどを記していきます!