資産管理で負けるな!お金の勉強をしよう!

本当にあった中国輸入での偽物詐欺?

f:id:meruler:20181020122401j:plain

 

 

 

どうも!輸入仕入れもしているメルラーです。

 

輸入仕入れは壁が高く感じる人もいるでしょう。

確かに違う国もまたいで取引をするようなことですから。

僕の場合は現地には行かずにネットから仕入れています。

 

今は輸入なんて古いと思われるかもしれませんね。

高単価の商品を販売した方が良いと…

 

まあ結局仕入れなければいけないのでリスクは同じだと思います。

 

 

中国輸入での詐欺?

アリエクスプレスでノーブランド品の物を買った物がブランドのロゴがついていた商品が送られてきました。

これは詐欺ではないかもしれませんが、そうだとしても偽物を売るのはグレーゾーンでも結構厳しいことがあります。

結構偽物を売って逮捕されている人もいるくらいですから。

 

グレーゾーンと言っても偽物は偽物って感じですので、それなりに対処されることもあります。

そのグレーゾーンにも色々レベルがあります。

ところがネットショップでは特に偽物やグレーゾーンについては厳しいのでお大手ネットショップやフリマアプリではまず売ることができないでしょう。

 

例え偽物をノーブランド品として販売することも大手ネットショップやフリマでは規制されてしまいます。

特にフリマアプリはうるさいですね。

株主の意見がうるさすぎる場合もありますが…

 

 

まとめ

まあ、今回の場合ノーブランド品だと思って偽物が送られてきたのであれば詐欺ではあるでしょう。

しかし、詐欺でないという場合はノーブランド品にもブランド名があることもあるので…

 

でも流石に今回の場合はノーブランド品と称して某ブランド品のロゴが入った似たようなものが送られてきたので明らかにひどいでしょう。

 

 

まあ、商品を販売する際は意識的に偽物を販売している人もいます。

そういう人はそういう人だと思った方が良いです。

その人たちにはその人たちなりのやり方があってやっているのですから。

しかし、偽物を売る気がない人や本物のブランド品を取り扱う人であれば偽物は一切扱わない方が良いでしょう。

今は良くても少し時間が経つとダメになってしまう可能性もありますので…

 

それほど偽物には厳しいことを心得ましょう。

例え購入する人が偽物でも良いと言ってもそれも難しいところですが明らかにクロになってしまうでしょう。

コメントを残す

崖っぷちメルラーのブログ飯をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む