資産管理で負けるな!お金の勉強をしよう!

ミニマリズムを利用した 本の処分方法

どうも!電子書籍に切り替えつつ、まだ紙の書籍が恋しいメルラーです。

 

書籍をほとんど電子書籍に変えつつありますが、慣れてきました。

電子書籍は色々メリットもあるのでその魅力とともに読書ができます。

 

かくいう僕も本を処分するのは抵抗がありました。

第一に電子書籍は本当に良いのか、kindlepaperを購入してからあまり使わない日々がありながら、結局今は電子書籍で読書をする機会が増えました。

 

書籍は残しておきたいタイプでした。

でもそれと同時にスペースが取られるのがネックでした。

そして、電子書籍ではパラパラページめくりもできませんし、本を読んだ感じがしないのではないかと思っていました。

 

それでも紙の書籍を処分した方法をご紹介します。

 

まず、自分は意外と読まない本、内容を忘れた本がありました。

1度読んでそれきりの本、本をパッと見ても内容があまり思い出せない本がありました。

そのような本はあまり印象に残っておらず、なくても同じだと思い処分しました。

逆に、強く印象に残っている、本の内容が鮮明に思い出せるものを残りました。

 

 

 

kindleで買い直そうと思うと意外と倍払うことになる本

kindle書籍はほとんど紙の書籍と比べると安いのが一般的です。

安くなくてもポイントが付与されるため、実質安くなるというものもあります。

本の価値としてみた時、紙の書籍の方が電子書籍よりも高いというのは紙の書籍の材質が良いとかなのでしょうか?

よくわかりませんが、紙の書籍の方が倍払わなければいけない本はもしかしたらそこまで価値がないのではないかという判断をします。

そのような本は処分しました。

もちろん、そういう場合ばかりではないと思いますが…

ついに電子書籍嫌いな自分がkindle端末買ってしまった… 使いやすいけどやはり紙書籍派?

 

メルカリで探すと価値が下がっている

メルカリを利用するユーザーはフリマ業界でも多いため大体の相場付にもなります。

ただ、1冊でも300円からしか出品できません。まとめ売されていて実質100円とかいうのも判断基準にはなりますが…

そのメルカリで見て価格が新品の価格と比べてかなり落ちているものはあまり価値がないと判断して本を処分します。

メルカリだけでなく、場合によってはamazonの中古を見たり色々なネットサイトも参考にします。

メルカリで不用品出品だけで200件売った奴の物のかたずけ方とミニマリズム論

 

まとめ

処分という言葉が本文中に出てきますが、本を捨てるというよりメルカリで出品することが多いです。

最悪、廃品回収に出すということにはなりますが…

 

結局は、本に価値があるかどうかで本を処分するかどうかを考えています。

そう考えるのが結構合理的かなと思いましたし、そこまでしないと本はなかなか捨てられないと思います。

人によって価値判断が違うと思いますので、この記事が参考になればと思います。

 

そして、紙の書籍が少なくなれば、電子書籍もおすすめします。

こればかりは試してみないと失敗も成功もわからないことが多かったので、試してみるというのが大事かと思います。

年間本を1冊程度しか読なかった奴が年間で10冊は読むようになった本の買い方 よく利用する本屋・サイト

コメントを残す

崖っぷちメルラーのブログ飯をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む