ライターとしても活動始動 自分らしいブログ運営へ PR案件も募集

【実体験】成績が上がる塾・予備校は勉強しろと行ってくれるところじゃないとダメ

はてなブックマーク - 【実体験】成績が上がる塾・予備校は勉強しろと行ってくれるところじゃないとダメ
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

どうも!8割型やっていなかったために成績が上がらなかったと思うメルラーです。

 

勉強ってやれば上がるんですよね。

やる前にそもそもやりたくないっていう人でないと成績はほとんどの人の場合下がらないと思います。

 

だからいくら良いエリート塾に行っても成績は上がらないのです!

 

 

やれば上がる成績は8割型基礎

勉強って基礎ができていれば8割型は成績は普通より上になるでしょう。

基礎さえできればセンター試験も普通の点数にはなると思います。

 

僕も実際そうでしてどうしたらもっと楽にというかコンパクトに無駄がなく成績を上げれるかと思って某大手予備校に通ったわけなんですよね…

 

つまりは基礎というのはどれだけ効率的にやるかというよりどれだけ積み重ねられるかなんですよね。

あとは勉強の仕方で無駄があるやり方は辞めるというのが成績を上げる8割型に導くようになります。

基礎ができなければ8割以上にはいけないわけです。

 

 

だからこそ勉強しろと行ってくれる塾は良い塾

塾に行ったからには成績を上げるために行くわけですよね。

ただ、塾に行っても勉強しなければ成績は上がるはずがありません。

 

なので塾に来たからには勉強をするというのが当たり前と言う勉強しろ!と行ってくれる塾は良い塾なのです。

 

ただ世の中『勉強しろ!』と言って勉強をし、成績が上がる人が多いわけではないです。

でもそれでも成績を上げる根幹としては勉強しろ!と言ってくれる塾がビジネス的にも良い訳です。

それにも関わらずいろんな教材を進めてくるというのはちょっと痛いように思えます。

だって基礎をやるには相当わからないという人でない以外教科書をやり込めばわかるのです。

 

 

最後に

まあ、誰でも勉強できたら苦労しないというわけで僕も実際勉強ができない方でした。

勉強したくなければしないという道もあります。

ただ、若い頃は勉強する機会が与えられます。

 

後から考えると受験のような勉強をするとなると資格を取るときくらいでしょう。

やるなら徹底的に勉強することが良いとは思いますが、学生のうちは遊んでも勉強は基礎だけしていれば学力的に問題になるということもないと思います。

なのでまず塾に通う前に自分で勉強できるところまで勉強するというのがオススメです。

コメントを残す