ライターとしても活動始動 自分らしいブログ運営へ PR案件も募集

薄くなった水着ってどうしてる?水着が破れるまで使いたいと思っているスイマーへ

はてなブックマーク - 薄くなった水着ってどうしてる?水着が破れるまで使いたいと思っているスイマーへ
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

どうも!勿体無く感じるため物は使い込んでしまうメルラーです。

 

勿体無いとツイツイ思ってしまいがちなので物がなかなか捨てられないという面が僕はあるんですよね。

まあ、メルカリの登場によって少しは解消されましたが…

でも、スイマーだった頃は水着は消耗品だったので次から次へと履き替えていました。

意外と水着って破れないものですごい丈夫にできているんですよね。

 

しかし、破れはしないものの生地が段々薄くなったり、ダメージを受けると気持ち的に履けなくなるんですよね。

そりゃ、水着ですからもし水着に何かあってからではスッポンポンになる可能性もあるので神経質になります。

 

 

水着にダメージが蓄積されたら?

しかし、上記のように水着にもインナーがあるのです!

このインナーを水着を履く下に着用することでダメージがある水着に何かある心配がありません。

せっかく気に入っていた水着でもっと履いていたいけど、履けなくなった時には持ってこいのアイテムでもあります!

はき心地も水着のインナー版らしく、そこまで違和感はありません。

ボックスパンツであればブリーフのインナーがオススメ

上記ではスパッツ型の水着を対象にご紹介しています。

ただ、ボックス型の水着で泳ぐ方もいるでしょう。

元ショートボックススイマーが言うショートボックス水着のメリット・デメリット

そんな方にはブリーフのインナーがオススメです。

ボックス型の水着を履いているのにボックス型のインナーを履くのもなんかごわごわして泳ぎずらいですし、着用もしずらいでしょう。

また、見た目もインナーがはみ出したりするとカッコ悪いですしね…

 

 

水着が破れた時の対処法として絶対NGなこと

水着が破れたから、普通に服や靴下の穴があるからそこを塞ぐように縫うのは禁物です。
水着は普通の衣服とは違い、いろんな素材が混ざっていたり、特殊加工していることもあり、場合によっては泳いでいてほつれたりトラブルの原因になります。
まず水着を縫うことはしませんがそれでも縫ったりして塞ぐよりインナー水着で対処した方が何度も直さずに穴が広がったりして困る必要もなく便利です。

コメントを残す