ライターとしても活動始動 自分らしいブログ運営へ PR案件も募集

スイマーへはメッシュ帽よりシリコン帽の方がオススメ? メッシュとシリコン帽のメリットとは?

はてなブックマーク - スイマーへはメッシュ帽よりシリコン帽の方がオススメ? メッシュとシリコン帽のメリットとは?
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

どうも!シリコンが好きなメルラーです。

 

シリコンって結構不思議な素材ですよね。

シリコンの水泳帽に水を溜めても漏れないので面白いんですよね。

そしてシリコンの水泳帽に水を溜めて他の人の頭に落とせばシリコン帽をかぶることだってできます!

 

シリコンという素材には結構魅力がありますよ。

 

 

スイマーはメッシュキャップが当たり前?

 

よくスイマーではメッシュキャップをかぶっている人が多いですね。

ただ本当の選手になれば被らない人もいますが、それでも日本では多くのスイマーがメッシュキャップを被ります。

 

まあ、メッシュキャップをかぶる理由しては通気性が良いということでしょうか。

意外にも競泳として泳ぐ練習をしていると熱くなるんですよ。

なのでメッシュのキャップの方がなんか通気性というか暑さを逃がしてくれる感じがあるんですよね。

 

だから多分メッシュキャップをかぶるんだと思うんです。

 

 

メッシュキャップよりシリコン帽の方が泳ぎやすい?

 

しかし、僕はメッシュ帽の方が泳ぎのパフォーマンスとしては良いと思います。

というのもまずシリコンだとサイズがあっていればフィットして取れずらいですし、抵抗もありません。

 

なので泳ぎやすいということなのです。

 

なので水泳の世界大会でもよく見ると思うのですがほとんどの選手が試合になるとシリコンの帽子を被ります。

 

スタートの時もシリコンの方がずれずらいのでゴーグルの紐がめくれることもなくて良いということもあるんですよね。

 

そうでなくても海外を見ると結構シリコン帽で練習している人は少なくないです。

それにシリコン帽を耳まで被れば耳に水が入ることがありません。

 

 

メッシュの帽子とシリコンの帽子どっちが良いの?

まあそれでも練習の時はメッシュの帽子を被りますかね。

やはりシリコンの帽子は長時間つけていると疲れる感じもします。

 

シリコン帽はシリコン帽でメリットがありますが、やはり利用が多いとすれば競泳の大会での試合の時のみですかね。

 

ただ、練習の時もシリコンの帽子が良いという人もいますのでそこは試してどちらが良いかの判断をした方が良いでしょう。

コメントを残す