ライターとしても活動始動 自分らしいブログ運営へ PR案件も募集

お金は使えば貯まる 使わなければたまらない お金が貯まる仕組みとオススメの貯め方

はてなブックマーク - お金は使えば貯まる 使わなければたまらない お金が貯まる仕組みとオススメの貯め方
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

どうも!お金をドンドン使っているメルラーです。

 

ドンドンと言ってもそんなにありませんし、無駄なことには使いません。

最近年金の問題でお金は貯めているだけではダメだと思い始めた人もいるでしょう。

 

お金についてもっと考えないと年金だけでなく、将来の働き方も含めて不安を感じると思います。

 

でも、お金は使わなければたまらないと思うんです。

 

 

なぜお金は使った方が溜まるのか?

お金は使えば溜まるということがよくわからない方は村上世彰さんの本を読むといいでしょう。

 

まずはそこからです。

 

 

お金は貯金しても貯金しているお金はお金を集めてくれない

お金は使うものです。

貯めることもできますが貯めているというのはいざという時のための保険のようなものです。

 

つまり、お金は貯めておいてもそのままなのです。

昔であれば銀行に預金をしていればお金が少し溜まったでしょう。

 

でも今は違います。

お金は貯めているだけでは集まりません。

もし貯金をしたいのであればいざという時の他にお金を使ってお金を貯めませんか?

 

 

お金を使ってお金を貯めるなら投資

お金を貯めるというと働くことがイメージするでしょう。

銀行では預金しても利子がつくわけでもありません。

 

しかし、例えば銀行の株を購入したらいかがでしょうか?

それがもし配当と言われる年に1~3回はもらえる株主の権利があるとするならお金がたまります。

 

この場合は預金してもお金が増えないお金を同じ銀行の株を購入することでその配当をもらってお金を増やすということです。

 

一番わかりやすいのが投資だと思います。

お金を使ってお金を増やす醍醐味ですから。

 

しかし、商売でもお金を使ってお金を増やします。

 

商品を購入して仕入れ、その商品に仕入れより高い金額で販売するということです。

根本的に考えればお金で商品を買い、その仕入れた金額より高い値段で売り、その利益が出るということですから、結果お金にお金を稼がせていますよね?

 

でも商売をやっている人であれば投資の方が良いでしょうし、商売をしていないくても商売が難しく在庫を抱えることもあり大変なこともありますので投資のように消費者の目から見て判断することもやくにたちますので投資がオススメです。

コメントを残す