ライターとしても活動始動 自分らしいブログ運営へ PR案件も募集

友達にお金を貸すのは絶対にダメな理由

はてなブックマーク - 友達にお金を貸すのは絶対にダメな理由
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

どうも!誰かに貸すのであればあげる派のメルラーです。

 

今はレンタルビジネスが多いですね。

ただ、結構あるのがいわゆる借りパクです。

つまり、レンタルしておきながら返さない人ですね。

ごく一部の人だけかもしれませんが必ずレンタルしたものを返さない人がいます。

 

まあそうなると会社から訴えられたり訴状が届いたりしますので返さなければいけませんが…

 

でも友達にお金を貸すのは絶対にダメですよね…

 

 

友達にお金だけでなく貸すのは絶対にダメな理由

まあ、友達にもよると思いますが借りたものを返さない人が結構いるんですよね。

友達だといつでも会えると思ったり、別にそれで仲違いすることもないだろうと思ってしまうんですよね。

 

僕は借りたものは必ず返す派ですが、意外と世の中のほとんどの人が他人であっても借りたものを返さない人がいます。

 

僕も苦い経験があってゲームソフトを貸したらそれきり返してもらえなくなったことがあります。

 

それ以来人って借りたものをあまり返さないんだと思いました。

貸した本人が催促するのもなんかやりづらいですし、余計相手に大して強気な姿勢になってしまいます。

 

そうなるとお金を貸すのはもっとやばいですね。

10円や100円なら良いのですがやはりお金の金額が多くなるといくら信用している人でも逃げてしまったりする人もいますし…

 

 

貸すならあげてしまうことを前提に

貸して返されないリスクがあるならいっそのことあげてしまいましょう。

あげてしまえるものであれば自分も納得しますし、あげれないものがあれば何か代わりにいらないものをあげるとかできると思います。

 

なんでも貸さなかったりするとあいつはケチだとか人間関係に亀裂が入りやすいのでいらないものをあげていくのも手ですね。

 

あげるとなると人としてすごい人と思われますし、ものすごく喜ばれます。

コメントを残す