資産管理で負けるな!お金の勉強をしよう!

資格は自分にとっての最短取るべき

どうも!資格取得に奔走しているメルラーです。

 

資格取得というと少し面倒と感じるところがあるかもしれません。

試験を受けるのもそうですし、勉強をしなくてはならず、自由が効かないというイメージもあるかもしれません。

 

でも、資格というのは弁護士や公認会計士、医師に近しい資格で難しいものでない限り、自分がやりやすいようにやれば案外取得できると思います。

他人が早く資格取得できても、あくまでもそれは参考であって自分はどうなのかを考えるべきです。

実際に受験するのは自分ですし、自分の目線からどのくらいかかるか、難しいかどうかを判断して、自分にとって最短で取得すれば良いと思います。

 

急いで取得しようと思えば思うほどうまくいかないのも現実です。

試験慣れしている人はそうでもないかもしれませんが、僕は勉強と試験自体があまり好きではないので入念に戦略を練って取得を目指してやっています。

 

勉強期間が長いと感じると身が入らない

僕は、勉強があまり好きでも得意でもないので長い時間勉強するともうダメです。

長いと感じない程度に取得できる資格を目指します。

長い場合でも自分が飽きないものを選んだりもします。

 

短期すぎると時間が取れない場合は効率悪い

資格取得において一番ダメなのが、時間がないということです。

勉強は短期暗記では身につかないのが基本です。

好きなことであれば短期でも覚えられるかもしれませんが、結構短いと感じる場合はあまりおすすめできません。

むしろ、長すぎるのがよくなりですが、栄養がじっくり自分の血肉になるように勉強ができると覚えていたり、覚えていなかったりということがなく効率が良いと思います。

 

少し参考書など全体を見て判断する

どのような資格なのか参考書などで全体的に見て、自分にとって勉強している姿などを思い浮かべなから決めていくことが重要です。

ここでダメだと思えばやめたほうが良いと思います。

少し見てダメというのもあるかもしれませんが、全体を見て総合的に判断してみると意外と難しいところをカバーできる可能性もあります。

コメントを残す

崖っぷちメルラーのブログ飯をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む