ライターとしても活動始動 自分らしいブログ運営へ PR案件も募集

これからの時代もっと当たり前に持っていると思うガジェット6選

はてなブックマーク - これからの時代もっと当たり前に持っていると思うガジェット6選
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

どうも!ガジェットは好きだけど欲しいものが価格が高いもののために購入できないメルラーです。

 

最近はドンドンガジェットが多くなってきてますよね〜。

IT系のテクノロジーの進化がものすごく早い中で同じようにガジェットの進化も早いような気がします。

 

進化が早くてもライフスタイルとして当たり前に持っていそうなガジェットってある気がしましたのでまとめてみました。(商品名とかゴチャゴチャですが)

 

 

アマゾンeco

グーグルでも同じような商品が販売されていますが、スマートスピーカーというのでしょうか…

もう生活の中では当たり前的な存在になるでしょう。

話しかければネットを通じて答えたり、命令を聞いてくれます。

パソコンやスマホをいちいちみなくても話しかければ済む事柄も多くなるでしょう。

 

メルラー

年々新しい機器が発売されますね

 

 

スマートウォッチ

スマートウォッチも結構つけている人が多いですよね。

腕時計をつけない人が多くなる時代だとは思っていましたが、スマートウォッチの到来によって若者にはスマホやパソコンを持ち歩くのと同じように身に着けるような気がします。

 

僕個人としてはスマートウォッチが欲しいのですが、なかなか買うまでに至りません。

なぜなら、スマートウォッチってそんなに欲しくなるくらいの機能があるか気になるかと思ったからです。

 

別にスマホがあれば十分じゃないかと思ってしまうんですよね…

 

最近では自動巻の原理を利用し、発電することによりスマートウォッチを動かすことができる腕時計のハイブリッドとも言える商品も販売されています。

 

 

Apple Pencil

任天堂DSの時はタッチペンがものすごく流行ったと思います。

しかし、スマホの到来によりタッチペンというよりは指で気軽にタッチできる端末としてタッチペンは利用されることが少なくなりました。

 

ところが今日、タッチペンを使ってスマホを操作する人も増えてきており、タッチペンの需要がもっと多くなると思います。

なぜなら、タブレット端末で資料を作ったり、アート作品を書いたりする方向性で需要があるからです。

 

そのようにスマホではなく、タブレットのような大きめの端末で何か作業をするためにはタッチペンを利用した方が効率が良くなるということだと思います。

しかも、最近のタッチペンはタッチペンに機能がついている物も多く、再びタッチペンの時代が到来しそうです。

 

 

Fire TV Stick

最近、ゲオやTSUTAYAといったDVDやCDのレンタルをするよりネット上で同じように鑑賞することができています。

ストリーミング再生などの技術やDVDやCDをデータ化することによりネット上でもそのようなDVDやCDといったコンテンツを鑑賞できます。

 

もちろん、データであればレンタルをしても物品を返却することもなく、家にいても見ることができてしまいます。

また、映画館に行かなくても自分で映画館のような部屋を作ってしまえばamazonfirestickがあれば一気に映画さながらの場を作ってしまうこともできます。

 

なのでもう映画やドラマ、音楽は気軽に楽しめるようになっています。

メルラー

僕もホームシアターを作ってのんびり過ごしてみたいものです。

 

でっかいシアターでも作って映画みたいにして視聴することもできそうですね…

 

 

ワイヤレス充電器

もう当たり前になってきましたかね…

なんでもワイヤレス化されているのですが充電ももうワイヤレス化の時代。

やっぱり充電する際にケーブルがあるとパソコンのケーブルやらスマホのケーブルやらタブレットのケーブルやらですごいゴチャゴチャしてしまうんですよね。

 

ワイヤレス充電ができればスッキリするんですよね。

しかも充電ケーブルにいちいち繋いで充電しなくても置くだけで充電できてしまいますしね。

 

東京大学の学生がワイヤレスどころか部屋にいるだけでスマホが充電できるなんて開発もできました。

それにワイヤレス充電は車の中でもできるように装備される車種も増えてきました。

 

 

スマートロック

最近車でよく車の近くに行って車のドアノブに触れるだけで施錠できてしまうんですよね。

最近ではいろんなところにスマートロック的な技術が使われています。

指紋認証や顔認証など様々に認証セキュリティシステムが増えてきました。

 

しかし、家の施錠を鍵で開けるのも大変なんですよね。

いちいち鍵を出して鍵をしまってドアを開けてと…

物品としての鍵が便利になる点としてはこれからもっと普及していくのではないでしょうか?

 

 

最後に

僕自身も今回ご紹介した商品は早いうちにゲットしたいと思っています。

 

若い世代は流行りのガジェットを持っていないと心配になるでしょう。

いろんなガジェットが販売されていて必要か必要でないかだけで判断するのはライフスタイル的に面白くないかもしれません。

 

どんな商品か具体的にわからないけどファッション性があるから買って見ようって感じがあると思います。

これが今時なのかもしれませんので是非興味があれば購入して楽しんでみてはいかがでしょうか?

コメントを残す