ライターとしても活動始動 自分らしいブログ運営へ PR案件も募集

筋トレは慣れるまでは無理せず少しずつするのが手っ取り早い

はてなブックマーク - 筋トレは慣れるまでは無理せず少しずつするのが手っ取り早い
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

どうも!腹筋をしただけでつってしまう様になってしまったメルラーです。

 

結構腹筋をしただけでつってしまう人多くないでしょうか?

僕は最近腹筋不足のため少しの腹筋でもつってしまうことがあります。

かなり腹筋を割った人でもしばらくしないうちにダメになってしまうものなのですね…

腹筋ってバキバキに割って何かあるのでしょうか? でもバキバキに割って初めて筋肉と向き合える

 

 

筋トレは慣れるまで無理せず少しずつ継続してやるのが効率が良い

運動となると3日坊主になる人が多い様に見受けられます。

しかし、生まれてから最初からマッチョの人はいません。

 

少しでも筋肉をつけてそれを大きくしたからこそマッチョに慣れるのです。

 

マッチョになろうとしなくてもダイエットでも同じです。

少しずつやり継続的に行うから効果が出るのです。

 

そのためには継続してやることを忘れないことで忘れてしまうとつい明日で良いと思ってしまいがちになりやがて終わってしまいます。

 

筋トレでもいきなり30キロのダンベルを持ったりしたらケガをしてしまったり、筋肉痛がひどくなったりします。

まず30キロのダンベルが持てるかどうかも問題ではありますがそこは置いておいて…

 

自分ができる範囲のことから筋トレを始めるのがおすすめです。

腹筋であれば3回を3セット継続してみるでも良いのです。

 

それだったらやらないのと同じじゃないかと思うかもしれません。

しかし、僕の実体験ではつってしまっていた腹筋も少しの負荷であれば問題なくトレーニングでき、それを継続したことでドンドン回数を増やすことができました。

 

そうやって回数を増やせば周りからも恥ずかしいと思わない様に自慢できます。

 

だから、結局は周りを気にせず自分ができることを継続してやることが必要で、腹筋も一気にやってつってしまうよりもできる回数をこなしそれを継続することがケガをせずにより最短での効果を生むのです。

コメントを残す