ライターとしても活動始動 自分らしいブログ運営へ PR案件も募集

ウーバーイーツ配達をやってみたけど事故りそうな事が多くて交通秩序を疑う 配達員はかなり気を付けないと!

はてなブックマーク - ウーバーイーツ配達をやってみたけど事故りそうな事が多くて交通秩序を疑う 配達員はかなり気を付けないと!
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

どうも!電動自転車を買うか迷っているメルラーです。

 

ウーバーイーツの配達を自転車でしているとこれこっちがしっかりしていなければ事故っているなという事が多々あります。

僕も一回事故ったのでいくらこっちがしっかりしていてももらう事故もあります。

ウーバーイーツ配達中に事故って配達が怖くなった話(被害者)と配達中の注意点

 

あまり日常で午前中とかずっと自転車で動く事が今までなかったのですが、ウーバーイーツで配達を始めて毎日が配達って感じになりました。

まあ収入の補填といった形でやっているのですがそれでもリスクがあるなと思います。

 

 

自転車よりも車の方が適当な運転している

自転車の事故もコロナの影響で多いと言いますが、実際僕が自転車で配達をしていて自転車と事故りそうになった事がありません。

車と出会す事が多いため例えば交差点で車が左折・右折する時、裏道など…

 

普通に「俺が先だ!」みたいな感じでガンガン進んでくる人もいます。

車も交通のスムーズさを乱すこともダメなので歩行者とか自転車に対してもイライラすることもあるかもしれません。

 

でも、最終的には車と車・バイクでなければ車が絶対悪くなります。

 

それでもガンガン進んだり、全然確認してなかったりすることがあるので自転車をこいでいる身としてはものすごく気を使って大変です。

こちらが疲れても確認や慎重さがないと事故をもらうだけですのでしっかりとやりましょう。

 

 

事故で怪我しなくても物損になったりすれば警察に届けないといけないから時間がとにかくもったいない

こっちだって事故を受ければ怪我するだけでなく、時間も奪われます。

 

とにかく時間がかかります。

怪我はしない方が良いと言いますが、それよりも事故が起きれば手続きなどで時間が奪われます。

 

頻繁に事故を起こしていてはウーバーイーツで稼ぐ時間がなくなります。

保険金も大怪我でなければ大金も入りません。

 

社会というのは厳しいです。

 

 

事故をもらわない対策

事故を自分から起こさないことはちゃんと一時停止のところは止まるや細い道は注意するなどする事ができ、注意するのは自分次第ですので自分さえしっかりしていれば事故を起こしてしまうことはありません。

 

しかし、事故をもらうことは不幸ながらあります。

 

事故をもらわない対策として一番はドライバーがこっちを見ているかどうかです。

 

なぜならドライバーがこちらを見ていなければ事故が当然起こります。

そうであればドライバーを見れば、ドライバーがこちらを見ていないとわかればこちらがしっかりと運転すれば事故に遭いません。

 

ドライバーを見るのは怖い…煽り運転されそうと思ったとしても、仮にそういう人だとしてももし煽られたり何か怪我させられたりすればすぐ警察に通報して犯人を捕まえ慰謝料を請求することもできます。

 

なのでそういう人の方がこの世の中少ないのでドライバーをしっかり見ておく事が重要です。

 

犯人を捕まえられなそうと思うかもしれませんが、今は他の車のドライブレコーダーを集める事で犯人を特定することもできます。

 

 

まとめ

世間ではウーバーイーツはおかしな配達の仕方をしていると思われがちです。

しかし、そういう人もいますがそれでもほとんど多くの配達員がしっかりしているからウーバーイーツは成り立っています。

 

ほんの一部の人がおかしな配達をしているという可能性の方が高く、実際報道で大々的にされるとそういう思い込みが起こります。

 

最初からウーバーイーツのバックを背負っているだけでバカにしたり見下すのは良くないです。

配達員も周りに迷惑がかからないように配達する事が必要です。

周りに迷惑をかける配達をするようであれば批判されても致し方ないです。

 

コメントを残す