資産管理で負けるな!お金の勉強をしよう!

webライターに良い記事をより安く執筆してもらう方法

どうも!常に向上心のwebライター、メルラーです。

 

webライターと言ってもたくさんいますよね。

そのうちの一人ではあるのですが、僕のその一人に入ると思いますが、webライターにも初心者もいれば上級者もいます。

 

できれば費用は抑えて質の高い記事、集客や成果に繋がる記事を書いて欲しいと依頼人としては思うでしょう。

僕はwebライターに執筆の依頼をしたことがないのですが、webライターの視点からwebライターに良い記事をよりやすく執筆してもらう方法をご紹介します!

 

クラウドワークスやココナラなどのプラットフォームサイトで仕事を募集していて評価が良く、信用できる人

これは前提です。

信用できない人はダメだと思います。

トラブルもそうですが、意見が合わない人もそうです。

信用できても意見が合わない人も結局執筆に悪影響を及ぼすので好まれません。

webライター側としても信用できない、意見が合わない人とは取引をしません。

 

ソーシングサイトを利用しない

できれば、直接、どのサイトも解さないでSNSなどで記事依頼の相談をし、執筆してもらう方がソーシングサイトの手数料が引かれません。

実際にココナラであれば手数料35%がかかるため文字単価1円でも実際手元に入るのは10000文字書いても7500円になります。

webライターとしてはトラブルは避けたいのですが、先ほど言ったように信用できて意見が合う人であれば直接取引した方が手数料分減って報酬が増えたり、クライアント側も手数料分がなくなり支払うコストが減り、ウィンウィンになります。

 

事前に信用できるかは、クラウドソーシングサイトで実績があったり、ブログでも好評だったり、実際にDMなどで話してみて意見が合うかなど確かめたりすることで見極められます。

 

webライターに依頼したい人が準備すること

最後にwebライターが依頼に際して準備することです。

依頼するクラウドソーシングサイトの登録やSNSなどの登録、直接取引でなくてもクラウドソーシングサイトでの取引でも振り込む銀行の用意は必須でしょう。

コメントを残す

崖っぷちメルラーのブログ飯をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む